VTuber キャラクターデザイン

修正希望

2019/12/8

キャラクターのデザイン推移。







アニメーションgif: デザイン推移





アニメーションgif: 最初の2枚に比べると魅力がなくなった気がします





イメージを伝えるために作った雑コラなんですが、個人的にはこれと、もうひとつ下の画像が一番魅力的に感じます。







このキャラクターの設定は、自我の目覚めたアンドロイドで、暗黒街のスーパーハッカーです。

これは配信中に誰かが作成してくれた画像なのですが、僕の希望する怪しい雰囲気が出ています。右下のキャラクターは設定から離れて人間味が強くなりすぎていると感じます。鼻と口のデザイン、輪郭や目の線の変更、顔の配置バランスなどが変わったこともあって、印象も変わってしまいました。「色を塗ってドラキュラ王の息子感がなくなった」というコメントがあったのですが、言葉にするとそういう感じです。

画像のような雰囲気をそのまま維持したキャラクターにして欲しいです。





業務の内容

既存キャラクターの修正業務になります。

権利はこのキャラクターをデザインしたイラストレーターの方にあり、二次創作を自由に行え、利用もできる契約を交わしています。今回は二次創作作品としてキャラクターを望む形に修正していただきたいのです。

これまでに作成してもらったデータは以下にまとめてあります。ZIPファイルを解凍してもらうと、複数のPSDファイルが出てきます。バージョンが日付ごとに分かれていて、「For-Live2D.psd」このファイルがLive2Dに取り込む際に利用した、一番新しいファイルになります。

これらのファイルを利用、または参考にして、希望のデザインにしてもらいたいです。

psd-files.zip (Photoshop形式 / 35MB)

live2d.zip (Live2D形式 / 12MB)





修正1:顔の修正

初期の画像には「得体のしれなさ」「ヤンキーっぽさ」「色気」「カッコよさ」があったように思います。

Live2Dで利用するために、顔の傾き修正、目を水平に、ロンパリ修正、口のデザイン変更、こういった修正が必要になりました。そういう修正を重ねた結果、キャラクターの魅力がなくなってしまった気がするので、魅力を維持したまま、顔の修正をしていただきたいです。

希望が叶うなら方法は問わないので、基本的な部分をトレースしてもらって、傾きなどを修正してもらう形でも全然問題ありません。

ただ口の線は一直線のままで、左右で線の太さが大きく変わらないようにしてください。分離していたり、線の太さが左右で大きく違うとLive2D上で扱いにくくなるためです。





修正2:顔の塗り方変更と、影を別レイヤーにする修正



顔の塗りが単色でないため、左右に顔を傾けた際や、口を動かした際に画像のようにムラが見える状態になっています。ですので、単色の色にして、影だけ別のレイヤーにわけて欲しいです。

前髪の影、左目の影、右目の影、輪郭左の影、輪郭右の影。影はこちらを別レイヤーとして分けてください。それ以外に必要な影がある場合は、そちらも新たなレイヤーで追加してください。

顔だけ塗り方を変えると違和感が出るかもしれないので、その場合は、全体の塗り方も変えてもらう必要が出るかもしれません。





修正3:「口 中」(これはレイヤー名で、口の中を表現した画像です)の修正



Live2Dで利用する際に、口の中のレイヤーを修正する必要が出てきました。上の画像は元の「口 中」画像で、下の画像は修正後の画像になります。

画像では見にくいかもしれませんが、「口 中」の画像の内側に「キャラクターの顔の肌の色」と同じ色で、太めの線が描かれています。自分で修正したのでガクガクになっていますが、もう少し綺麗に修正してください。線の太さは少しだけ(数ミリ)太めの線にしてもらえるとありがたいです。





修正4:髪の毛の修正



現在、前髪に違和感が生まれています。これは前髪が単体のパーツとして成立していないためで、顔を左右に傾けたり、前髪が左右に揺れた際に表示がおかしくなっています。





上記画像が現在のパーツになっています。髪の毛全体を描いたひとつの画像を分離するような形でレイヤーが作られているので、これを違和感のないように調整してください。公式が用意しているキャラクターの髪の画像を参考として載せておきます。









最後に

最小限の作業にする場合は、服、首、耳、目の模様はそのままにして、顔と髪の毛の修正だけになります。ただイラストレーターさん各自の塗り方や描き方の違いによって、既存ファイルからの修正が難しい場合は、全体の描き直し、または塗り直しをしていただいても構いません。