WordPress – All in One SEO Pack – XMLサイトマップの設定方法

All in One SEO Pack をインストールして一般設定が終わったら、次は XML サイトマップを生成する設定を行いましょう。

この記事は以下の記事の続きになります。プラグインインストール後の一般設定が終わっていない方は、以下の記事を読んで設定を行ってください。

WordPress – All in One SEO Packの使い方&設定を徹底解説!翻訳付き

XML サイトマップとは?


運営しているブログにどんなページがあるのか(URL)、ブログ内の優先順位、更新頻度はどれくらいか、最終更新日、そういった情報を検索サイトに伝えるためのファイルのことです。

通常は sitemap.xml というファイルを自分で作成して、検索サイトに登録しなければならないのですが、All in One SEO Pack にはそれを自動で生成する機能がついています。この機能を使えば、後は検索サイトに生成された XML サイトマップの URL を登録するだけで、検索サイトのロボットがブログの記事を隅々までクロールしてくれるようになります。

WordPress で新しい記事を書くと、その記事の URL も自動で XML サイトマップに追加してくれるようになりますので、とても便利です。All in One SEO Pack をインストールしたら、こちらの設定も行っておきましょう。

完成品:このブログの XML サイトマップ

XMLサイトマップの設定方法


1. 機能管理ページに移動する

ダッシュボード > All in One SEO > 機能管理をクリック(タップ)して、機能管理ページに移動しましょう。

 

2. XML サイトマップを有効化する

XML サイトマップと書かれている部分の Activate ボタンをクリック(タップ)しましょう。表示が Deactivate に変わると、左のメニューに XML サイトマップという項目が追加されます。

 

3. XML サイトマップの設定ページに移動する

左メニューの XML サイトマップを選んでください。

 

4. 設定を行う

画像の矢印の場所で XML サイトマップの設定を行います。各項目について解説していきますので、記事を参考にしながら設定してみてください。

 

XML サイトマップ


サイトマップの基本的な設定を行います。

 

  • ファイル名接頭語

sitemap のままにしておきましょう。

サイトマップファイルのファイル名を設定します。デフォルトの設定の場合、sitemap.xml というファイルが生成されます。特別な理由がない限り、変更する必要はありません。

【公式解説文の翻訳】
ファイル名接頭語フィールドには、サイトマップの名前を設定できます。このフィールドにデフォルトで入力されている一般的な接頭辞「sitemap」を保持すると、ロボットがあなたのサイトマップを簡単に見つけることができます。

 

  • 更新を予約

更新の頻度に合わせて適切な値を選んでください。

毎日・毎週・月が選べます。毎日ブログを更新している場合は毎日を選んで、そこまで更新していない場合は毎週を選ぶのがいいでしょう。検索サイトに見に来てもらうよう促しますので、更新頻度が低い場合、毎日を選ぶのはやめておきましょう。

【公式解説文の翻訳】
サイトマップについてGoogleとBingに対してpingを実行するスケジュールを選択します。サイトのコンテンツを追加または更新する頻度に合わせて設定することをおすすめします。

 

  • サイトマップインデックスを有効化

チェックを外してください。

サイトマップには、1つのファイルに 50,000 個までの URL しか登録できないという制限があります。運営しているサイトがそれ以上のページを持っている場合は、サイトマップインデックスという複数のサイトマップをリスト化したファイルを用意して、膨大なページを検索サイトに伝えます。

50,000 ページもあるブログは普通ないと思いますので、基本的にはチェックする必要はありません。

【公式解説文の翻訳】
サイトマップに多数のURLがある場合は、[サイトマップインデックスを有効にする]をオンにする必要があります。これにより、サイトマップを作成してサイトマップを高速化するために必要なメモリ量が削減されます。あなたのXMLサイトマップを見て、あなたが持っているURLの数を調べてください。

サイトマップインデックスを使用する必要がある場合は、オールインワンSEOパックを使用してインデックスにページを設定し、サイトマップごとに投稿数を設定できます。このオプションは、[サイトマップインデックスを有効にする]チェックボックスをオンにした後に表示されます。

 

  • 投稿タイプ

投稿と固定ページをチェックしてください。

サイトマップに掲載するページを指定します。メディア・添付ファイルのチェックは外してください。

WordPress に画像をアップロードすると以下のような画像だけのページが自動的に生成されます。これを添付ファイルページと呼びます。

添付ファイルページは、画像とタイトルだけが表示される非常にシンプルなページですので、検索サイトからは有用なコンテンツのないページと認識される可能性があります。コンテンツのないページがサイトマップ内に大量に存在していると、検索サイトからの評価が下がってしまうかもしれませんので、メディア・添付ファイルのチェックは外しておくことをおすすめします。

【公式解説文の翻訳】
[投稿タイプと分類]セクションでは、サイトマップに含まれるコンテンツを管理できます。すべてのボックスはデフォルトでチェックされます。サイトマップインデックスを使用している場合は、チェックされている投稿タイプと分類ごとにファイルが作成されます。特定の投稿タイプまたは分類を使用していない場合、そのファイルはサイトマップ内で空白になりますので、サイトマップインデックスを使用している場合は、サイトに存在する投稿タイプと分類をチェックすることが重要です。

 

  • タクソノミー

カテゴリーとタグをチェックしてください。

こちらもサイトマップに掲載するページを指定します。

 

  • 日別アーカイブページを含める

チェックを外してください。

基本的には含める必要はないと思いますが、日別アーカイブページを重要視していて、サイトマップに含めたい方はチェックしてください。

例)日付別のアーカイブページ

https://gameusers.org/dev/blog/2018/01/

【公式解説文の翻訳】
日付アーカイブのページと著者ページの挿入は、Googleからの重複コンテンツの警告を避けるため、未チェックのままです。これは主に、GoogleがWordPressの仕組みを理解し、その内容をアーカイブして著者ページに含めることができるようになったため、従来の設定です。これをチェックするかどうかは、チェックするかどうか、重複するコンテンツの警告を受け取るかどうかはあなた次第です。設定を変更して変更をGoogleに通知するだけです。

覚えておいてください:あなたのサイトマップにコンテンツを含めていないからといって、Googleがそれを見つけてインデックスに登録するわけではありません。サイトのコンテンツにリンクすると、検索エンジンはそれらのリンクをたどってクロールしますので、NOINDEXの設定を使用して、All In One SEO Packを使用してどのコンテンツがインデックスに登録されるかを制御します。

 

  • 投稿者ページを含める

チェックを外してください。

基本的には含める必要はないと思いますが、投稿者ページを重要視していて、サイトマップに含めたい方はチェックしてください。

例)投稿者ページ

https://gameusers.org/dev/blog/author/az1979/

 

  • Exclude Images

チェックを外してください。

【公式解説文の翻訳】
デフォルトでは、オールインワンSEOパックには、Googleサイトマップに画像が含まれており、Googleなどの検索エンジンに準拠し、Google画像検索でインデックスに登録された画像を送信します。

一部のユーザーは画像を挿入したくない場合があります。たとえば、Yandexはサイトマップ内の画像をサポートしていません。 XMLサイトマップから画像を除外するには、このオプションを有効にします。また、GoogleのAPIフィルタフックを使用して、All in One SEO Packから画像を除外することもできます。

注:この機能は、無料のプラグインのバージョン2.4とオールインワンSEO Pack Proのバージョン2.5で追加されました。

 

  • 圧縮版サイトマップを構築する

チェックしてください。

サイトマップを圧縮して作成します。圧縮しているとサーバーの負荷も減りますので、チェックしておくことを推奨します。

【公式解説文の翻訳】
このオプションは.GZip圧縮を使用してサイトマップを作成します。この設定はデフォルトでオンになっているため、圧縮されたファイルが送信され、検索用ロボットが通常のサイトマップを取得できない場合に使用できます。主要な検索エンジンはすべてあなたのサイトマップにこのフォーマットを受け入れます。

 

  • 仮想 Robots.txt からリンクする

チェックしてください。

【公式解説文の翻訳】
この設定では、WordPressによって自動的に作成される動的なRobots.txtファイルにサイトマップリンクが追加されます。これにより、作成した静的なRobots.txtファイルへのリンクは追加されません。

 

  • サイトマップを動的に生成

チェックしてください。

サイトマップがリアルタイムに生成されるようになります。常に最新の情報が掲載されるようになりますので、チェックしておきましょう。

【公式解説文の翻訳】
この設定を有効にすると、検索ロボットが要求するたびにサイトマップが動的に生成され、静的なファイルが作成されるのではなく、古いファイル、古いファイル、破損したファイル、上書きされることがあります。 1つのSEO Packで生成されるサイトマップは、サイトの最新バージョンで常に最新のものです。この設定をチェックしている場合は、手動でサイトマップを更新する必要はありません。

 

追加ページ


WordPress で作成したページはすべてサイトマップに含めることができますが、もしそれ以外のページもサイトマップに含めたい場合は、こちらで URL を入力して設定してください。

例えば自分で HTML を作成してページをアップロードした場合、ここで設定することで、そのページもサイトマップに含めることができます。

【公式解説文の翻訳】
このセクションを使用して、WordPressのインストールに含まれていないURLをサイトマップに追加することができます。

 

除外項目


サイトマップに掲載したくないカテゴリーやページがある場合は、ここで設定しましょう。記事のスラッグ(この記事のスラッグは all-in-one-seo-pack-xml-sitemap)やページ ID を入力してください。

WordPress ページID・記事ID・pidの取得方法

【公式解説文の翻訳】
[除外アイテム]セクションでは、特定のカテゴリやページをサイトマップから除外できます。検索エンジンでクロールしたくないアイテムは除外できます。

ページ、投稿、またはカスタム投稿タイプを除外するには、各アイテムのスラッグまたはIDをコンマで区切って入力します。たとえば、「store,cart,checkout」は、これらの3つのページをサイトマップから除外します。

覚えておいてください:あなたのサイトマップにコンテンツを含めていないからといって、Googleがそれを見つけてインデックスに登録するわけではありません。サイトのコンテンツにリンクすると、検索エンジンはそれらのリンクをたどってクロールしますので、NOINDEXの設定を使用して、All In One SEO Packを使用してどのコンテンツがインデックスに登録されるかを制御します。

 

優先順位


すべて上書きしないを選んでください。

サイトマップには各ページごとに、ブログ内の優先順位を設定する項目があります。サイトマップを動的に生成する場合は、自動で優先順位が設定されますので、この項目を変更する必要はありません。

【公式解説文の翻訳】
オールインワンSEOパックの[XMLサイトマップ]ページの上部にある[サイトマップを表示]リンクをクリックすると、各URLの現在の値とともにサイトマップの[優先度]列と[変更頻度]列が表示されます。

これらの設定の両方の値は、URLの最終更新日に基づいて生成されます。したがって、昨日変更されたものは毎日の頻度値を持ち、Priority値は残りのサイトに応じて約0.9(90%)になる可能性が最も高いです。オールインワンSEOパックのこれらのデフォルト設定はすべて上書きしないでください。サイトマップを動的に生成する設定を選択した場合は、サイトマップの変更に応じて優先度と頻度が更新されます。

 

頻度


すべて上書きしないを選んでください。

優先順位と同じような設定なのですが、サイトマップには各ページごとに、更新頻度を設定する項目があります。サイトマップを動的に生成する場合は、自動で更新頻度が設定されますので、この項目を変更する必要はありません。

 

サイトマップを確認する


すべて設定し終わったら、ページ下部にあるサイトマップを更新ボタンを押してください。これでサイトマップが生成されます。

ページ上部のサイトマップのステータス部分にある、サイトマップを表示リンクをクリック(タップ)して、サイトマップを確認してみてください。

そこで表示されたサイトマップの URL を Google と Bing のウェブマスターツールに登録すると完了です。

 

最後に


検索サイトのクローラーは、サイトマップがなくてもブログ内のページを取得しにきてくれますが、確実にページを拾ってくれるわけではありません。サイトマップがあると、掲載したいページをこちらから検索サイトに伝えることが出来ますので、クローラーの正確性が大きく高まります。

頑張って記事を書いても検索サイトに掲載されないと大きなアクセスは見込めません。All in One SEO Pack をインストールしたら、一緒に XML サイトマップの設定も行っておきましょう!

関連リンク


  1. WordPress – All in One SEO Packの使い方&設定を徹底解説!翻訳付き
  2. WordPress – All in One SEO Pack – XMLサイトマップの設定方法
  3. WordPress – All in One SEO Pack – ソーシャルメディアの設定方法
  4. WordPress – All in One SEO Pack – 投稿ページの設定方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)