有名ブロガーから学ぶ、人気ブログを作るための3つのルール

世の中には星の数ほどのブログが存在していますが、大きなアクセスを集められるブログは数えるほどしかありません。一体なぜなのでしょうか?

時間があるときを見つけては一生懸命記事を書いてきたのに、ブログの記事数自体はそれなりに充実しているのに、なぜか人はさっぱり集まらない。アクセス数は少なく、記事を読んでくれている人は少数の決まった人たちだけ。これまでにブログに費やしてきた労力に対して、返ってくるものがあまりにも少なすぎる。

なぜこうなってしまうのでしょうか?

理由は簡単です。あなたが人を集めるための基本的なルールに従っていないからです。ただ思うままに記事を書いているだけでは、大勢の読者を獲得することはできないのです。すでにブログを始めている、もしくはこれからブログを始めたい、そして可能なら人気のあるブログにしたい、そういった野心をお持ちならこの記事に書いてある3つのルールに従ってください。たった3つのルールですが、常に意識しながら記事を書いていくだけで、自然と読者は増えていきます。努力次第ではブログだけで生きていくことも夢ではありません。

  1. パッと見て面白そうに感じる、魅力的なタイトルをつける
  2. 他人が必要とする情報を掲載する
  3. できるだけ毎日、丁寧に記事を書く

本当にシンプルですが、これだけです。多くのアクセスを得ている有名ブロガーは、上記のルールに従って記事を書いています。逆に言うと世の中のほとんどのブロガーは、この簡単なルールに従わずに記事を書いているのです。だから人が集まらないのです。

そんな簡単な話じゃないだろうと思う方もおられるかもしれませんが、これらのルールは様々な人気ブロガーが出版した集客術について書かれた本の共通項とも言えるべきものです。この記事はそういった本をたくさん読んできた私が得た知識、共通項をまとめた内容を掲載しています。作者のまったく違う複数の本ですが、読んでみると驚くべきことに同じ内容について述べられていたのです。

それでは3つのルールについて詳しく解説していきます。

パッと見て面白そうに感じる、魅力的なタイトルをつける


この記事のタイトルは「有名ブロガーから学ぶ、人気ブログを作るための3つのルール」です。どこかで似たような構成のタイトルを見たことがないでしょうか。

「○○をするために必要な○つの方法」

 

昨今、本のタイトルでこういった表現方法が増えているのは、興味を惹き、売り上げを伸ばす確かな効果があるためです。ブログの記事においてもこういった表現は有効になります。考えてみてください。あなたがブログのアクセス増加方法を調べているときに、以下の2つの記事を検索サイトで見つけた場合、どちらを読んでみたいと思いますか?

「ブログに人を集めよう」
「有名ブロガーから学ぶ、人気ブログを作るための3つのルール」

これらが並んでいる場合、下のタイトルをチェックしたくなる人の方が多いのではないでしょうか。本屋さんで面白そうなタイトルの本を見つけた時、つい手にとってしまった経験はありませんか?それと同じことです。

あなたがどれだけ一生懸命、時間をかけて面白い記事を書いたとしても、読んでもらわなければ意味がありません。

 

また魅力的なタイトルは検索サイト上のメリットだけでなく、SNSでの拡散にも役立ちます。SNSでは記事の全文を転載することはできませんので、タイトルが大きな割合を占めることになります。魅力的なタイトルはSNSユーザーの拡散したい気持ちを刺激しますし、拡散を目にした他ユーザーからのアクセスにも繋がります。拡散を目にしたユーザーが記事を読み、さらに自分のSNS上で拡散する、こうして雪だるま式にアクセス数が増えていくのです。

ブログを持っている方なら誰しも経験したことがあると思いますが、時間をかけて記事を書いたのに、タイトルだけはなぜか最後に思いついた適当なもので投稿してしまう。

これは費やした時間が報われない、非常にもったいない行動です。時間がかかっても構いませんので、面白いタイトルが思い浮かばなければ今日は投稿しない!このくらいの意気込みでタイトルを考えてみてください。

他人が必要とする情報を掲載する


これは3つのルールの中で最も重要で、あなたの意識を大きく変えなければならない部分でもあります。今から書くことは毒っ気のある表現になってしまいますが、非常に重要なことです。

あなたの人生、あなたの日常には誰も興味がありません

 

仮にあなたが知名度のある芸能人や文化人であったとしましょう。もしそうならば、あなたの人生や日常に興味を持ってくれる人も多く出て来るかもしれません。しかしあなたが普通に生きてきた一般的な人間の場合、その日々の生活にどれほどの人が興味を持ってくれるというのでしょうか。

「今日、○○というお店でご飯を食べました(写真)」
「散歩に出かけました。晴れていてとても気持ちよかったです。」

こんな記事を書いたことがある、もしくはこんな記事を書いているブログを読んだことはないでしょうか。あなたが特別に好意を抱いている相手が書いているブログなら、そういった記事も楽しく読めるでしょう。しかし見ず知らずの人間が書いているブログの場合、その人がご飯を食べた、散歩したことを知って、はたしてどれだけの人が楽しめるというのでしょうか。

普通の人間の日常についての記事で読者を楽しませようとするなら、相当な文才が必要になります。あなたが作家レベルの特殊な才能をお持ちでしたら、記事の内容は問いません。その文才を活かして記事をどんどん書いていくだけで目的は果たせます。しかしそういった特殊な才能を持っている人間は、残念ながらごくわずかしかいないのです。

それならどうすればいいのでしょうか?

そもそもあなたの人生や日常に興味を持ってくれる人は少ないのですから、自分についての記事ではなく、他人が興味を持つことについての記事を書けばいいのです。人間は誰しも、自分については強い関心・興味を持っていますが、他人に対してはそれほどの関心を持ちません。

人の行く裏に道あり、花の山

 

これは投資の世界でよく使われる格言で、人が進まない道にこそ綺麗な花の山を見つけることができる、という意味です。ブログの世界においてもこの格言は当てはまります。多くの人が自分について書いているからこそ、あえて自分はそうせずに、他の人が必要としている情報を記事にするのです。

自分自身が楽しめる、発信したいことではなく、他人のためになる、読者が役に立ったと感じられるような記事を書いてください。この世界には多くの人間が生きていますが、自分のことよりもまず他人のことを考えられる人は、その中でもほんのわずかしかいません。皆、与えることよりも与えられることを望むのです。しかし裏の道はその考え方では見つけられません。

まずあなたの方から与えるのです。そうすれば自ずと花の山が見えてきます。

できるだけ毎日、丁寧に記事を書く


1番目、2番目のルールは意識さえ変えれば守ることのできる決まりですが、この3番目のルールだけは強い忍耐力を必要とします。人気ブログの特徴ついてイメージしてみてください。

  • 更新頻度が高い
  • 記事がたくさんある
  • 記事の内容が充実している

どの人気ブログでも上記の項目は当てはまるでしょう。どれも一朝一夕、手軽に成し遂げることはできません。つまりブログにそれだけの時間をかけているのです。週に1時間をブログに時間を費やす人と、毎日1時間をブログに時間を費やす人ではどれだけの差がでるでしょうか。前者は1年で計48時間、後者は1年で365時間を使っていることになります。毎日ブログの記事を書いている人は、週1の人に比べて7.6倍の時間を費やしているのです。週1で記事を書いたブログが7~8個作れる計算です。

記事量にして7.6倍、もちろんそれだけ熱量を費やしているのですから、文章を書く技術にも差が出てくるでしょう。2年目、3年目になるとその差はさらに大きくなっていきます。結局はどれだけ一生懸命ブログに取り組んだかということが重要になってくるのです。適度に手を抜きながら楽をして多くのアクセスを集めることはできません。記事を書いている人間の熱意や熱量は必ず読者にも伝わります。

また1つの記事を充実させるということも非常に重要です。あなたが思いつくことは他の誰かも思いついています。つまり同じ題材、似た内容の記事はすでに存在していると考えてください。その中でどうやって違いを作るかというと、妥協せずに、ただただ多くの時間を費やすしかありません。我々は特別な才能を持っているわけではありませんので、記事の充実を図るには時間をかけて丁寧に書く、この姿勢こそが大切なのです。他の人が同じ題材で1時間かけて記事を書いたなら、あなたは2時間、3時間をかけてその記事を書き上げてください。他にない視点、新たな情報、文字量・充実度、こういったもので差をつけられなければ、ライバル記事に対して優位に立つことはできません。

そして記事の情報が古くなったらその都度、修正していくことも必要になります。古い情報のまま放置すると、読者のためになりませんし、間違った情報を提供することにもなります。検索サイトは記事の新しさや、記事を読んでいる時間も計測していますので、時々更新を行い、内容を充実させ、長く読ませることが大切です。

最後に


魅力的なタイトルを考える、他人が必要とする情報を掲載する、これらは比較的簡単に実行することができると思いますので、次に記事を書くときにぜひ試してみてください。どんな人でも得意分野や他の人よりも詳しいと言えるジャンルがあるはずなので、まずはその分野で読んだ人が参考になるような記事を書いてみましょう。

最後のルール、できるだけ毎日記事を投稿する、これはいざ実行しようとすると非常に大変で、強引に行うとブログ自体を嫌いになってしまうかもしれませんので、ブログで生活する!といった熱い野望を持った方でない限り、無理をする必要はないと思います。あくまで自分が楽しく続けられる範囲でブログの更新頻度を上げてみてください。

この記事が参考になったと思ったらぜひシェアしてくださいね!