サーバーをNode.jsにしたい気持ちが高まる

現在、サーバー側はPHPで動いているのですが、いずれNode.jsにして、すべてをJavascriptで動く環境にしたいと思っています。結構な時間をかけてPHPの処理を書いていると、そのうちJavascriptに書き換えることになるのに、どうしてこんなに力を入れてPHPを書いてるんだろうという気持ちになってしまいます。

その思いが重なり重なり、いよいよNode.jsの本でサーバー側の処理を勉強し始めました。ちょっと読んだ感じでは、それほど難しい印象は持たなかったので、比較的簡単にNode.jsで動くページを作成できるかもしれません。しかし現在動いているログインやプッシュ通知など、手間のかかるシステムをNode.jsに置き換えるのは楽じゃないと思うので、サーバー側を短時間に一新することは現実的にできそうにありません。

そこで一部のページから徐々に置き換えていくことを考えたのですが、そうした場合にApacheとNode.jsを同居させなければなりません。この構成で運営されている方はすでにいるようなので、やり方については調べがついたのですが、問題はドメインやサブドメイン単位ではなく、ページ単位でサーバーを振り分けることができるのかということと、SSLが問題なく動くのかわからないという点です。

Node.jsにnode-http-proxyというパッケージがあって、それを利用すればサーバーを振り分けられることまではわかったのですが、ページ単位での振り分けについてはネットに書かれていませんでした。さらにこの前、設定したLet’s EncryptのSSLですが、これがNode.jsのサーバー上でも普通に動いてくれるのかわからないのです。

本当にもうわからないことだらけなんですが、そもそもの話、Web系って覚えること多すぎないですか?範囲が広いのに、一人であらゆることに対応しなければならないので、そろそろ頭がパンクしそうです。

XAMPPの設定方法-2 PHP

XAMPPのApacheの設定が終わりましたので、次はPHPの設定を行います。

PHPの設定


エクスプローラーでCドライブを開き、その中のxamppフォルダを開いてください。そしてphpフォルダを開いて、php.iniというファイルを探してください。

php(フォルダ) > php.ini(ファイル)

php.iniファイル

見つからない場合は、php.ini-development というファイルをコピーして、php.ini にファイル名を変更してください。この時、php.ini-development 自体を編集しないように気をつけてください。

php.ini をメモ帳またはエディターで開きましょう。

 

php.iniをエディターで開いたところ

php.ini の中身も英語で難しそうに感じると思いますが、こちらも必要な部分を検索して書き換えるだけです。ただApacheの設定よりも書き換える部分が多いので頑張ってください。

メモ帳やエディターの画面でキーボードの Ctrl(コントロールキー)+ F(エフ)を押して検索ウィンドウを開いて、必要な部分を検索しながら、以下のように書き換えてください。

upload_max_filesize / post_max_size / memory_limit の設定についてですが、これらはアップロードできるファイルの最大サイズを設定しています。256Mと書かれているのは、256メガバイトまでのファイルを一度にアップロードできるということです。

通常のウェブサイトではこんなに大きなファイルをアップロードすることはないのですが、上記で大きめの数字を設定している理由は、phpMyAdmin(データベース管理ソフト)でデータベースをインポート(インストールのような意味)する際に、ファイルサイズが大きい方が便利なためです。

開発が進んでいくと自然とデータベースのサイズは大きくなります。アップロードできるサイズが小さいと、データベースのインポート時にひっかかってしまうためです。

ただしスペックがあまり良くないパソコンを利用している場合は、ここの数字は小さめに設定しましょう。

この設定は以下の関係を維持してください。例えば memory_limit を post_max_size より小さな数字にしてはいけません。

memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize

 

php.ini の書き換えがすべて終わったら保存しましょう。これでPHPの設定は終わりです。次はデータベースの設定を行います。

XAMPPの設定方法-3 データベース

Game Usersの開発用設定


Game Usersの開発に参加してくれる方は、こちらの設定を php.ini で追加で行ってください。

 

XAMPP インストール・設定 関連記事