WordPressのパーマリンクおすすめ設定

WordPress を設置したらまず最初にやっておきたい、パーマリンクの設定について説明していきます。これだけやっておけば間違いない!というおすすめ設定を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

パーマリンクってなに?


パーマリンク、あまり聞き慣れないワードだと思いますが、WordPress 上では各記事の URL を表します。

ブログトップのURL
https://gameusers.org/dev/blog/

パーマリンク:各記事のURL
https://gameusers.org/dev/blog/game-users-share-buttons/
https://gameusers.org/dev/blog/three-rules/

WordPress のダッシュボード > 設定 > パーマリンク設定で、記事の URL の設定を行うことが可能です。

パーマリンクおすすめ設定


長々と記事を読みたくない方のために、結論からお伝えすると以下の設定を選んでおけば間違いありません。

投稿名  https://gameusers.org/dev/blog/sample-post/

そして記事の投稿時にパーマリンクを半角英数字で設定してください。各単語の区切りは – (半角ハイフン)で行いましょう。

これが SEO(検索サイト) 的にも、将来的な記事管理の上でも、無難で扱いやすい選択です。

 実はこのブログ、過去にパーマリンクの設定に失敗して後悔しました


WordPress を導入してこのブログを始めたときに、あるブログの記事を参考にして、パーマリンクの設定を行いました。そのブログの記事にはパーマリンクにカテゴリー名を含めようと書かれていたので、それをそのまま参考にさせてもらって WordPress を運営していました。

過去のパーマリンク設定

しかしブログの記事が増えていくに従って「あれ、この設定失敗したかな…。」と後悔するようになりました。

記事のカテゴリーを変えたい!

ある時からそう思うようになったのです。WordPress ではカテゴリーを設定でき、記事を分類することができます。当初、このブログはプログラム関係の話題しかなかったのですが、WordPress のプラグインを開発してから、WordPress についての記事も掲載したくなりました。

そこで「ブログ」という新たなカテゴリーを追加し、その中に「WordPress」「WordPressプラグイン」などのサブカテゴリーを作りました。そしてこれまでに書いた記事をその中に仕分けしていくことになったのです。

でもパーマリンクの設定でカテゴリー名を URL に含めてしまっていたので、それを行うと、各記事の URL も変わってしまうことになりました。

パーマリンクの設定を変えると何が起こるのか?


  1. 記事の URL が変わる
  2. SNS のシェア数がリセットされる
  3. 検索サイトからの評価が下がる

1. 記事の URL が変わると、URL を貼ってくれていた他のサイトのリンクがリンク切れになってしまいます。せっかく記事を面白いと思ってリンクを貼ってくれていたのに貼り直しをしてもらうことになり、ご迷惑をかけることになってしまいます。

2. これもダメージが大きいのですが、SNSのシェア数が 0 に戻ります。SNS のシェアは URL ごとに行われているので、その URL が変わってしまうと、新たなページとして認識され、これまでカウントされていたシェア数は無効化されます。

3. 検索サイトはブログのクロールを行って各記事の URL を保持していますが、それも再度やりなおしになります。SEO 的にもマイナスに働くことはあってもプラスに働くことはありません。

WordPress は過去の URL から新しい URL へ自動で飛ばしてくれる(リダイレクトされる)ので、ブラウザでアクセスした人がページを見つけられなくなることはありません。しかしこれだけのマイナス要素がサイトに降りかかるので、パーマリンクの設定だけはしっかり行っていた方がいいです。

WordPress を導入してすぐの方は、今後のことも考えながら間違いのない設定を行いましょう。またすでに WordPress でブログを運営されている方で、パーマリンクの設定が気に入っていない方は、できるだけ早く手を打った方がいいと思います。傷が浅いうちに設定を見直しましょう!

 どんなURLがベストなのか


  1. できるだけ短いURL
  2. 人間が内容を予測しやすいURL
  3. 日本語ではなく、英数字を使ったURL
  4. 単語の区切りを _ ではなく – で行っているURL

パーマリンクを設定する上で意識した方がいい、4つの項目を挙げてみます。

1. できるだけ短いURL


一般的なウェブサイトの構成を考えてみてください。トップページがあって、その下に各ページがあってという構成になりますよね。

トップページ
https://www.example.com/

記事のページ
https://www.example.com/page1
https://www.example.com/page2
https://www.example.com/page3

通常はこういう構成でウェブサイトが成り立っていると思います。ここで考えてみて欲しいのですが、基本的に URL が短い方が重要なページである確率が高いと思いませんか?トップページは URL が一番短く、重要なページはその次くらいの短さになっています。

この法則に従うと、URL は無駄に長くないほうが重要なページであると認識されやすくなります。また単純に URL が長いと、リンクを貼った時に見栄えもよくなかったりします。ですので、パーマリンクを設定するときは、あまり階層が深くならないようにした方がいいのです。

◎ 投稿名  https://gameusers.org/dev/blog/sample-post/

パーマリンクの設定で、投稿名を選択することをおすすめしているのは、階層が深くならず、記事の URL が短くなるからです。

2. 人間が内容を予測しやすいURL


以下の URL が表示されているとした場合、どちらをクリックをしたくなりますか?

  1. https://www.example.com/page1
  2. https://www.example.com/wordpress-setting

ただの URL ですが、2はなんの内容について書かれているのか予測しやすいので、WordPress を利用されている方はこちらに興味を持ちやすいのではないでしょうか。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

引用: シンプルな URL 構造を維持する – Search Console ヘルプ

Google も推奨していますので、それにならった形でパーマリンクを設定するように心がけましょう。

3. 日本語ではなく、英数字を使ったURL


画像は記事を新規投稿する際のフォームです。赤線の場所で各記事のパーマリンクを設定できますが、日本語のタイトルを入力すると、タイトルがそのままパーマリンクの URL として利用されます。

この設定で投稿した場合の記事のURL
https://gameusers.org/dev/blog/wordpress%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E8%A8%AD%E5%AE%9A/

日本語は URL として使用できないので、URL エンコードという処理がかけられて URL に変換されます。そのため意味不明な文字列に変換されて、こんなに長い URL になってしまうのです。

ちょっと長すぎますよね。例えば掲示板で記事の URL を紹介してくれた方がいたとして、これだとなんだか怪しいサイトに見えてしまいます。

URL は短い方がいいのでパーマリンクの設定は、短めの英数字で表現するようにしましょう。

ちなみにこの記事の URL はこうなっています。WordPress のパーマリンク設定ページの URL を参考にさせてもらいました。シンプルな英単語で記事の内容が予測しやすい URL になっています。

パーマリンク設定ページ

https://gameusers.org/dev/blog/wp-admin/options-permalink.php

この記事のURL

https://gameusers.org/dev/blog/wordpress-options-permalink/

4. 単語の区切りを _ ではなく – で行っているURL


みなさん URL の単語の区切り記号はなにを使っていますか?_(アンダーバーまたはアンダースコア)  -(ハイフン)このどちらからを使っている方が多いのではないでしょうか。

なぜ -(ハイフン)を勧めているのか。これは単純に Google がハイフンの使用を推奨しているからです。

URL では区切り記号を使うと効果的です。http://www.example.com/green-dress.html という URL の方が、http://www.example.com/greendress.html という URL よりずっとわかりやすくなります。URL にはアンダースコア(_)ではなくハイフン(-)を使用することをおすすめします。

引用: シンプルな URL 構造を維持する – Search Console ヘルプ

さきほどと同じページからの引用になりますが、Google がこう言っていますので、検索サイトのおすすめに従ってパーマリンクを設定していきましょう。

最後に


パーマリンクの設定は本当に重要です!

URL はコロコロと変えるものではないので、しっかりと考えて設定を行ってください。いい加減に設定すると、このブログのように後で泣きを見ることになります。

このブログがかつてパーマリンクにカテゴリー名を含めていた件ですが、最初は後で変えることなんてないと思っていました。しかし人間の考えや気持ちは変わるものです。違ったジャンルの記事を書きたくなったり、記事が増えるとサブカテゴリーを用意したくなったりするのは、仕方のない成り行きなのかもしれません。

今、分類しているカテゴリーも時間が経つと、きっと違うものになっていると思いますので、みなさんも気まぐれに影響されるようなパーマリンクを設定するのはやめておきましょう。自分のように失敗する人が増えないように、下から目線のアドバイスをさせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)