XAMPPの設定方法-1 Apache

XAMPPのインストール自体は簡単なのですが、問題は設定が難しいことです。基本的な設定と日本語化について解説していますので、このページに書かれているとおりに設定してみてください。

最初はなんの設定なのかわからないし、間違えたらどうしようと不安になると思いますが、もし間違えて正常に起動しなくなったとしても、アンインストールして再度インストールしなおせばいいだけなので、気軽に設定してみましょう。

※ Cドライブに普通にインストールしたケースで解説しています。もし別の場所にインストールした場合は、その場所に置き換えて読んでください。例)Cドライブ → Dドライブ

Apache(Webサーバーソフト)の設定


エクスプローラーでCドライブを開き、その中のxamppフォルダを開いてみてください。

Windows10のエクスプローラーでxamppフォルダを開いたところ

いろいろなフォルダの一覧が表示されていると思いますが、以下のフォルダを順番に開いていって、httpd.confというファイルを見つけてください。

apache(フォルダ) > conf(フォルダ) > httpd.conf(ファイル)

 

confフォルダの中身、httpd.confというファイルが見えます

httpd.confをエディターで開きましょう。メモ帳でもOKです。

 

httpd.confをエディターで開いたところ

画像はAtomというエディターで開いたところです。メモ帳の場合は白い背景になっていると思います。英語が並んでいて不安になるかもしれませんが、気にしなくて大丈夫です。XAMPPの設定は必要な部分を検索して書き換えるだけなので、中身について理解する必要はありません。

メモ帳やエディターの画面でキーボードの Ctrl(コントロールキー)+ F(エフ)を押して検索ウィンドウを開いてください。メモ帳の場合は、上部メニューの編集をクリックすると、検索と書かれている部分が出てきますので、そこをクリックしても検索ウィンドウが開きます。

 

検索ウィンドウ

検索ワード:Listen

これを入力して検索すると書き換える必要のある場所が出てきます。Listen 12.34.56.78:80 もしくは Listen 80と書かれている部分を、Listen 127.0.0.1:80 に書き換えてください。

書き換えたら保存しましょう。これはセキュリティを強化する設定で、外部から開発環境のサーバーにアクセスできないようにするための設定です。

Apacheの設定はこれだけです。次はPHPの設定を行います。

XAMPPの設定方法-2 PHP

XAMPP インストール・設定 関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)