プラグイン名説明
AltMenuScreenメニュー画面の表示が変わるプラグインです。 有効にするとキャラクターが横並びに表示されます。
AltSaveScreenセーブ・ロード画面の表示が変わるプラグインです。有効にするとパーティーメンバーの顔画像が表示されます。
EnemyBook戦った敵を一覧できるモンスター図鑑を作れるようになります。
ItemBook集めた装備とアイテムを一覧できるアイテム図鑑を作れるようになります。
SimpleMsgSideViewサイドビュー戦闘で上部に表示されるバトルログを消すことができます。
TitleCommandPositionゲームを起動した時に表示される、一番最初のタイトル画面のコマンドウィンドウ(ニューゲーム、コンテニュー、オプション)の位置や背景を変更できます。
WeaponSkill武器ごとにスキルを付与して、攻撃したときにそのスキルが発動するようにできます。

ユーザー登録特典

RPGツクールMVユーザー登録を行うと、特典として海外製RPGツクールMV用プラグイン(日本語翻訳) Ace to MV Converter等を含む54種のプラグインを無料ダウンロードできます。

プラグイン無料ダウンロード

プラグイン名説明
Ace to MV Converter.rbRPGツクールVXAceのプロジェクトを、RPGツクールMVのフォーマットに変換します。データベース、マップ、イベントをMVのフォーマットに変換、MVのデータフォルダに保存します。(Aceのプロジェクトは変換されません)
ChangeTileSize.jsタイルのサイズをデフォルトの48x48から、大きくもしくは小さく変更できるようになります。
MoreCharacterFrames.jsマップ上のスプライトで、キャラクターに3以上のフレームを設定できるようになります。
BattleMode.jsシステムタブ内の設定を無効化し、同一ゲーム内でフロントビュー/サイドビューの2つのバトルモードを切り替えることが可能になります。
LazyTilesets.jsタイルセットのスロットとスイッチを一括でエクスポート/インポート/コピーすることができ、個別設定の手間を省きます。タイルセットグラフィックが不適切なスロットに設定されてしまうのを防ぐこともできます。
LoopAnim.jsマップイベント上でアニメーションのループを可能にします。また、アニメーションをキャラクタースプライトの背後で再生させることもできるようになります。(このプラグインによるループアニメーション、イベントコマンド[アニメーションの表示]による通常のアニメーション、どちらにも適用可能)
MoreEscapeCodes.jsメッセージボックス内で、より多くのエスケープコードを使うことが可能になります。このエスケープコードは、同じく独自のエスケープコードを提供する他のスクリプトとの互換性を持つように、設定することが可能です。
ActorStepAnim.jsパーティのリーダー/フォロワーに、マップ上で足踏みのアニメーションを付与します。
SmartPath.jsイベントもしくはプレイヤーに、より高度な経路探索を提供します。
ScreenResolution.js16:9や16:10のようなスタンダードなスクリーンサイズに合わせて、解像度を変更できるようにします。
YEP_CoreEngine.jsステータスのリミット解除やウィンドウ色の変更など、ゲームプロジェクト内の様々な本体機能を上書きします。また同時に、このプラグインはRPGツクールMVにおけるバグ修正の役割も果たしており、今後も新しいバグが発見/修正されるたびに、アップデートされることになります。このプラグインは、動作にライブラリを必要としません。
GamepadConfig.jsオプションメニューから、ゲームパッドコンフィグが行えるようになります。
KeyboardConfig.jsオプションメニューから、キーボードコンフィグが行えるようになります。
YEP_MessageCore.jsテキストコードの拡張や名前表示のウィンドウ、メッセージウィンドウサイズの最適化など、RPGツクールMVのデフォルトメッセージ機能に様々な追加機能を提供します。
YEP_BattleEngineCore.jsRPGツクールMVでは、デフォルトでサイドビューが提供されていますが、このプラグインを使うことによって、より多くの機能や特性を追加することができます。
YEP_X_ActSeqPack1.jsYEP’s Battle Engine Core用に作られたアクションシーケンスパックの第一弾です。このパックで、アクションに力学関係のシーケンスを追加することができます。
YEP_X_ActSeqPack2.jsYEP’s Battle Engine Core用に作られたアクションシーケンスパックの第二弾です。キャラクターの移動やジャンプ、スクリーンの色の変更など、より視覚的な内容に特化しています。
YEP_X_ActSeqPack3.jsYEP’s Battle Engine Core用に作られたアクションシーケンスパックの第三弾です。カメラコントロールや、ズームが可能になり、アクションシーンをよりダイナミックなものにすることができます。
YEP_BattleAICore.js少々退屈な敵のAI設定にマニュアルで変更を加え、ゲームをよりスリリングで盛り上がるものにすることができます。
YEP_BaseTroopEvents.js全バトルに一括でイベントを挿入したい時、このBase Troop Eventsを使うことで、コピー&ペーストの手間を省くことができます。任意のトループを選択し、テンプレートとなるイベントを全てのバトルに反映させることができます。
YEP_ElementAbsorb.js属性吸収のアビリティを設定することができます。
YEP_ElementReflect.js特定の属性を反射するアビリティを設定することができます。
YEP_VictoryAftermath.jsRPGツクールMVデフォルトの勝利メッセージを、このプラグインのウィンドウに置き換えることで、プレイヤーにより正確で視覚的な情報を提供します。
YEP_MainMenuManager.jsメインメニュー機能をより自由にカスタムすることができます。追加、削除、非表示、表示、有効化、無効化などのコマンドを、メインメニューから行なうことができるようになります。
YEP_SkillCore.jsこのプラグインは、コストや効果などといった、スキルの主要機能の調整を可能にします。また同様に、HPコストについても設定することができます。
YEP_X_SkillCooldowns.jsこのプラグインは、Skill Coreの拡張プラグインです。スキルにクールダウンのシステムを設けることで、スキルが連続的に使われることを防ぎます。プレイヤーは、スキルが再度使用できるようになるまで数ターン待たなくてはなりません。
YEP_AutoPassiveStates.jsゲーム内にパッシブステートを提供します。装備が身につけられたときやスキルを覚えた際、アクターやクラスに固有値として付与することができます。これを導入することで、ゲームにより深みを与えることができます。
YEP_ItemCore.jsThe Item Coreは、アイテムメニューや個別アイテムなど、ゲームのいろいろな部分に変更を加えます。アイテムのシステムに様々な工夫を施したい人にとっては、うってつけのプラグインです。
YEP_X_ItemUpgradeSlots.jsこのプラグインはItem Coreの拡張プラグインです。専用のスロットシステムを用いて、武器と防具をアップグレードできるようになります。
EP_EquipCore.jsThe Equip Coreは、プロジェクトに多くの変更を加えます。装備メニューや、装備タイプの処理、装備ルールやパラメータコントロールなどに影響を与えます。
EP_SaveEventLocations.jsプレイヤーがマップに再入場すると、NPCの位置は大抵リセットされてしまいますが、このプラグインを使えば、位置を記憶させることができます。
YEP_EventChasePlayer.jsイベントは通常、あまり激しい動きをすることはありません。ただ一か所に留まっているだけであったり、そうでなくても常にプレイヤーを追いかける/常にプレイヤーから逃げる、ランダム、もしくは常に一定方向に移動する、などの単純な動きしかできませんでした。このプラグインでは、イベントが急にプレイヤーを追いかけたり、プレイヤーから逃げるなどの設定ができるようになります。
YEP_RegionEvents.jsコモンイベントを、リージョンに紐づけます。リージョンでマークされたタイルを踏むことで、特定のコモンイベントを呼び出すことができます。
YEP_RegionRestrictions.jsマップ上にリージョンを配置することによって、NPCが所属範囲外に出てしまうことを防いだり、プレイヤーの進入制限を行うことができます。
※Luna Engine Liteバトルステータスを自由に調整できます。
Yami_8DIR.jsプレイヤーが8方向に移動できるようになります。
YED_Eventspassable.jsイベントもしくはフォロワーが他のイベントにヒットした際に、途中で停止してしまうことを防ぎます。
Yami_SkipTitle.jsタイトルスクリーンを飛ばして、すぐにゲーム画面に行くことができます。
YED_RetainStatesOnDeath.jsキャラクターや相手が死亡した後でも、特定のステートを維持させることができます。
YED_Hospital.jsお金を払って回復を行う、病院システムを提供します。
YED_WordWrap.jsダイアログボックスやヘルプウィンドウで、テキストの改行を行います。
YED_TransferStealStates.jsパーティメンバーや敵からステートを奪ったり、逆に与えるようなスキルを生成することができます。
YED_Tilemap(TileD Extension).jsデフォルトのエディタの代わりに、タイルDをマップエディタとして使うことができます。パララックスマッピングに依拠せずに、より自在にマップを編集することができるようになります。
TDDP_PreloadManager.jsゲームの起動時やマップ切り替え時に、画像や音楽、エフェクトなどの素材の事前ロードを行います。デフォルトでは、RPGツクールMVは要求時に素材のストリーミングを行います。このプラグインでは、新しいマップの最初のロード時に帯域を少し多めに使うことで、スムーズなゲームプレイを提供します。このプラグインは、イベントがいつ発動されるかに関わらず、マップ上の全てのイベントページで全ての素材をロードします。ページのコンディションはプレイヤーの操作に依存しており予測不可能であるため、事前に正しいファイルがロードされていることが必須となります。
TDDP_MouseSystemEx.jsゲームプレイ中にカスタムマウスの使用が可能になります。また、マウスインタラクションによってプレイヤーキャラクター無しでもイベントを発動したり、マウスの隣にアイコンを表示するなどが可能になります。
TDDP_BindPicturesToMap.js画像の動きを、カメラの動きではなくマップの動きに同期させます。(パララックスマッピングという手法) またノーマルマップへの追加詳細レイヤーとしても使うことができます。キャラクターの上、もしくは下など、どのレイヤーに画像が埋め込まれるかを指定します。これらの機能は、ループマップでも使うことができます。
TDDP_ManageDashing.jsシンプルなプラグインオプションを用いて、ゲーム内でダッシュモードを使えるようにできます。(もしくは無効化できます)
TDDP_PlayerTouchPassage.jsマウスインプット利用時にキャラクターの下のイベントを触っても、そのキャラクターを止めずに歩き続けさせることができます。
TDDP_DisableScriptCalls.jsイベント内でのスクリプトの呼び出しを全て無効化します。NotetagとオプションのForce Codeを用いれば、 個別に指定したのスクリプトを呼び出された状態に留めておくこともできます。
CP_Large_Sprite_Fix.jsAceで行われた修正と同様の修正を行います。大きなスプライトが、★(透過)タイルの上ではなく下に表示されてしまうという問題を解決します。
CP_Star_Passability_Fix.js★タイルに対して、○タイルと同様の進行方向設定を行うことができるようになります。
Gamefocus.jsゲーム画面がアクティブでなくなった時に、オーディオとビデオ、またはそのどちらかを停止します。onPause, whilePaused, onResumeのコールバックを持ちます。
Zeriab_ExtraMaps.js999個以上のマップが利用可能になります。
No Autoshadow.jsゲーム中で自動生成される影を削除します。
YEP_ExternalLinks.jsURLを指定して、タイトル画面やゲーム内からWebページを開かせることができます。

アップデートVer1.3.1同梱プラグイン

詳しくはこちらを確認してください。

プラグイン名説明
FpsSyncOption.jsFPSの強制シンクをオフにできるオプションを追加するプラグイン

アップデートVer1.3.0同梱プラグイン

詳しくはこちらを確認してください。

プラグイン名説明
MadeWithMv.jsタイトルの前にオープニングクレジットが表示可能に。
ConfigureRootElement.jsゲームの表示領域を任意のDOMの配下に表示することができるようになります。

アップデートVer1.2.0同梱プラグイン

詳しくはこちらを確認してください。

プラグイン名説明
WindowIdentifierプレイ時にCTRLキーを押すと、ウィンドウ名を表示します。
YEP_X_AnimatedSVEnemies動き付きのSVアクターを、敵にも使用できるようになります。
YED_SideviewBattlerSV時のフレーム数などを、より自在にカスタムできます。
YEP_GabWindowメッセージウィンドウとは別に、画面上でキャラクターたちにおしゃべりをさせることができるようになります。
YEP_SlipperyTiles上に乗ったキャラクターが滑るタイルを設定できます。
YEP_EventChasePlayerこのプラグインでは、イベントが急にプレイヤーを追いかけたり、プレイヤーから逃げるなどの設定ができるようになります。ver1.03 : バグの修正、サウンドオプションの追加、”元の位置に戻る”オプションの追加、より高度な経路探索を実装など
YEP_MessageCoreテキストコードの拡張や名前表示のウィンドウ、メッセージウィンドウサイズの最適化など、RPGツクールMVのデフォルトメッセージ機能に様々な追加機能を提供します。ver1.11 : バグの修正、ワードラッピング機能の拡張、フォントアウトラインのオプション追加など
YEP_ItemCoreThe Item Coreは、アイテムメニューや個別アイテムなど、ゲームのいろいろな部分に変更を加えます。アイテムのシステムに様々な工夫を施したい人にとっては、うってつけのプラグインです。ver1.21 : バグの修正、上級者向け”ルナティックモード”の拡張など
YEP_X_ItemUpgradeSlotsこのプラグインはItem Coreの拡張プラグインです。専用のスロットシステムを用いて、武器と防具をアップグレードできるようになります。ver1.06 : バグの修正、アップグレードコマンド表示のオプション追加、個別アイムのテキストカラー変更実装など
YEP_SkillCore.jsこのプラグインは、コストや効果などといった、スキルの主要機能の調整を可能にします。また同様に、HPコストについても設定することができます。ver1.09 : バグの修正、上級者向け”ルナティックモード”の拡張など
YEP_EquipCore.jsThe Equip Coreは、プロジェクトに多くの変更を加えます。装備メニューや、装備タイプの処理、装備ルールやパラメータコントロールなどに影響を与えます。ver1.11 : バグの修正、”Item Info Window”表示の変更など
YEP_CoreEngineステータスのリミット解除やウィンドウ色の変更など、ゲームプロジェクト内の様々な本体機能を上書きします。また同時に、このプラグインはRPGツクールMVにおける調整の役割も果たしております。ver1.13 : バグの修正、ゲームオーバー画面調整オプション追加など
YEP_BattleEngineCore.jsRPGツクールMVでは、デフォルトでサイドビューが提供されていますが、このプラグインを使うことによって、バトルにより多くの機能や特性を追加することができます。ver1.34 : バグの修正、新たなアクションシーケンスの追加、アクター選択機能の拡張、逃走成功レートの実装、バトル時間オプションの追加など
YEP_BattleAICore.js少々退屈な敵のAI設定にマニュアルで変更を加え、ゲームをよりスリリングで盛り上がるものにすることができます。ver1.05 : バグの修正、”Max TP”システムの実装など
TDDP_MouseSystemEx.jsゲームプレイ中にカスタムマウスの使用が可能になります。また、マウスインタラクションによってプレイヤーキャラクター無しでもイベントを発動したり、マウスの隣にアイコンを表示するなどが可能になります。ver1.8.2 : バグの修正、新規カーソルオプションの追加など

アップデートVer1.1.0同梱プラグイン

詳しくはこちらを確認してください。

プラグイン名説明
TouchUIUIをタッチ操作に適したものに変更します。
スロットプラグインゲーム内にスロットマシーンを実装するための【スロットプラグイン】を追加しました。
ガチャプラグインゲーム内にガチャを実装するための【ガチャプラグイン】を追加しました。

準公式プラグイン 1

サンプルゲーム「ニナと鍵守の勇者」に同梱(プロジェクトデータは、Gamesフォルダ内のexeファイルを解凍)

プラグイン名説明
AltMenuScreen2メニュー画面の表示が変わるプラグインその2です。
AltMenuScreen3メニュー画面の表示が変わるプラグインその3です。(DiableCaprice、FantasicReverieで使用されている)
BattlebackScroll戦闘背景(battlebacks1)を自動的にスクロール。(MagicVictoryで使用されている)
BattleResultsPopup戦闘結果の表示をポップアップ形式に変更。(DiableCaprice、MagicVictory、シーピラート、羊の海で使用されている)
BattleVoiceアクターの戦闘時の行動にボイスSEを設定。(FantasicReverieで使用されている)
ChangeWeaponOnBattle戦闘コマンドに装備変更を追加。(エミールの小さな冒険、FantasicReverie、羊の海で使用されている)
DeadOrAliveItem戦闘不能かどうかに関係なく、仲間に使える技/アイテムを作成。
EscapeDungeonダンジョンから特定の場所にエスケープ。
EventSelectorコモンイベントを選択するウィンドウを表示。
ExtraEquipTypeクラスや装備を変更せずに、武器/防具タイプを増やす。
FixedBattleMembers指定したパーティメンバーの並び替えを禁止。
Foregroundマップに合わせてスクロールする近景の設定。(DiableCapriceで使用されている)
HPConsumeSkillHP消費技。(エミールの小さな冒険で使用されている)
KeyItemAloneアイテム選択画面で「大事なもの」のみ表示。
KeyItemNumber「大事なもの」の個数表示の設定。
LastSubjectActor最後に行動したアクターのIDを変数に格納。
LastUsedItem最後に使用されたスキルかアイテムのIDを変数に格納。
MenuSubMemberメニュー画面に同行者を表示。(デフォルトのメニュー画面のみ対応)
NewItemScene盾とその他防具を分けて表示するアイテムメニュー。(FantasicReverieで使用されている)
NovelMessage全画面型のメッセージウィンドウ。
NumbStates一定確率で行動できないステート。(エミールの小さな冒険、FantasicReverieで使用されている)
OuterSelfSwitch同一マップ内の他のイベントのセルフスイッチを操作。
OverpassTileキャラクターが下をくぐり抜けられる橋の設定。(公式ページにて講座あり)
PictureWipeピクチャの切り替えエフェクト。
PlayMsgWndCharSEメッセージウィンドウで文字ごとにSEを演奏。(シーピラートで使用されている)
SVActorPositionサイドビュー戦闘においてアクター達の画面表示位置を設定。(DiableCapriceで使用されている)
SwitchOnLoadゲームをロードしたときに指定のスイッチをON。
TextDecorationウィンドウテキストの装飾方法を変更。
TinyGetInfoWndマップ上でアイテムの入手/消失を小さなウィンドウで表示。
WeaponSkill武器ごとに通常攻撃のスキルIDを変更。
WindowChangeゲーム内でウィンドウスキンを変更。

準公式プラグイン 2

サンプルゲーム「エミールの小さな冒険」に同梱(プロジェクトデータは、Gamesフォルダ内のexeファイルを解凍)

プラグイン名説明
ChangeSelectItemWindow『アイテム選択の処理』のウィンドウの行数と列数を変更。
DisplayOnlyAddedSkillTypeレベルアップの際、スキルタイプで追加されたスキルのみ表示。
ItemNameMsgメッセージウィンドウで \ITEM[] をアイテム名に置き換え。
SpeedAfterVehicle乗り物を降りた後のプレイヤーの速度を設定。
SymbolEncountLibシンボルエンカウントを実装するためのライブラリ。

準公式プラグイン 3

サンプルゲーム「LivingShipCowboy」に同梱(プロジェクトデータは公式ページからDL可)

プラグイン名説明
Gachaランダムにアイテムを取得。
GachaBookガチャアイテム一覧を表示。
SimpleStatusDisplayステータス表示を名前とクラス名、二つ名のみに。

コメント

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • プラグインの追加ありがとう! -- 2015-12-24 (木) 06:08:50
  • ニナをダウンロードしたけど、ファイルにプラグインが入って無かった… 期限下れ? -- 2016-01-12 (火) 11:11:01
    • ネットからダウンロードできるのはアプリケーションだけっぽい。パッケージのDVDディスク内には、ゲームのファイルが丸々入ってる。 -- 2016-01-12 (火) 17:59:20
  • gatya -- 2016-07-29 (金) 13:30:30
コメント:




ゲーム紹介


機能



プラグイン


素材



最新の20件
2017-03-13 2017-03-06 2017-01-30 2016-11-23 2016-11-13 2016-10-24 2016-10-22 2016-10-17 2016-10-14 2016-10-11 2016-10-03 2016-09-30 2016-09-24 2016-09-23 2016-09-21 2016-09-15

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-10 (土) 18:28:49 (259d)